ほくろ除去治療で綺麗になる【気になるアイツとサヨナラ】

サイトメニュー

最初に気をつけること

看護師

状態により方法は異なる

ほくろを取り除く施術を行う際は、だいたいが小さくて膨らみの浅いほくろを対象としてレーザー治療を行います。また、治療費は比較的に安く、期間も基本的に短いです。また、皮膚に無理のかからないレーザーなら術後の特別なケアは殆どいりません。しかし、クリニックを選ぶ際は直ぐに決めてしまわない方が良いです。術後の健康状態を左右することにも繋がるので、出来るだけ慎重に選ぶことをオススメします。現代では、ネットを使うことによってクリニックの評判をいつでも時間をかけずに情報を得ることが出来ます。ですが、他者が経験したことと、これから自分が経験するだろうことはまた違ってきます。なので、ネットの評判のみを鵜呑みにし過ぎない方が良いです。大切なことは、自分が十分に納得いく説明を受けた上で治療をしてもらうことです。説明が不十分では、不安が残ってしまい安心して治療を受けられない場合も出てきます。なので、不安を残さないためにも初回の聞き取りをしっかり行ってもらうことが重要になってきます。ほくろを取り除く施術には、レーザー治療のようなメスを使わない方法もありますが、メスを使う方法もあります。身体にメスが入るのは怖いと感じる方も多くいらっしゃいますが、入院をする必要はなくその日のうちに帰ることが可能である治療が最近では多いです。ほくろの膨らみが浅く5mmから6mm以下の大きなものには、ほくろの部分のみを取り除いてくれるくりぬき法という手術があります。切り抜いたその周りを最後に縫合していきますが、浅い切り取りに関しては縫合しなくても良い場合もあります。そして、軟膏を塗ることによって切り取ったところが膿んだりしないように防いでいきます。また、ほくろに膨らみがあり通常よりも大きめのものについては、ほくろよりも大きく切り取られる切除法合法という手術があります。基本的には、くりぬき法と合わせて取り除いていく手術となります。大きく切り取っていくことによって、綺麗に取り除くことができます。この手術での抜糸はだいたい7日前後くらいに行われますが、状態によって数回に分けて行う場合もあります。