ほくろ除去治療で綺麗になる【気になるアイツとサヨナラ】

ほくろ除去治療で綺麗になる【気になるアイツとサヨナラ】

サイトメニュー

切らずにとれる

カウンセリング

ほくろが気になって悩んでいるなら、レーザーによる治療を受けることをおすすめします。レーザー治療はメスを入れることなく、ほくろを除去することができて施術の時間も短いです。また健康保険も適用できるので、リーズナブルな価格で受けることができます。

詳しく見る

美容整形外科で綺麗に

女性

ほくろの治療には専門医のカウンセリングが必要ですから、美容のプロの美容整形外科での施術がよいでしょう。具体的なほくろの形や形状に合わせて施術内容が変わりますから、リスクも理解しながらよいタイミングでほくろを治療すればとても綺麗になれます。

詳しく見る

最初に気をつけること

看護師

ほくろをなくしたいと希望されている人にとって、ほくろを治療する際には切除する手術もあり、クリニック選びには慎重になる必要もありますが、腕が良く信頼出来る医師であれば安心して治療を任せることが出来ます。

詳しく見る

ネットで予約

顔に触れる女性

ほくろの治療は美容整形外科で行う事がお勧めです。美容整形外科はインターネットサイトからとても手軽に手術の予約を入れる事が出来ます。美容整形外科で治療を行えば必ずどんなほくろでも綺麗に除去してくれます。アフターケアもバッチリです。

詳しく見る

いくつかの種類がある

医者

ほくろは皮膚に色をつける働きのあるメラニンが以上に増殖したことでできるものです。その中には悪性のものと良性のものがあるため、治療の必要があると判断された時には保険が適応されます。もしも心配な時には医師に確認をしてみましょう。

詳しく見る

病院で治したほうが良い

看護師

気になる費用

美容整形外科でのほくろ除去は、治療方法が数種類ありそれによって金額も変わってきます。2000円くらいで済むものから40000円以上かかるものもあります。そして同じ治療方法でもほくろの症状により安かったり高かったりしますから一様にはいくらぐらいかかるとは言いきれないのです。炭酸ガスレーザーや高周波メスなどがありますが、どの治療方法が良いかは医師の判断に任せた方が無難です。それはほくろの大きさや深さなどから医師が適切に判断するからです。治療方法によりメリットとデメリットがあります。それも医師の判断基準になります。美容目的の場合はほとんどで健康保険対象外になりますが、ほくろが癌に変化してしまうマラノーマと言われる病気は健康保険対象内になります。その他ほくろに似た皮膚癌も健康保険対象内です。単なる美容目的で受診して、医師の判断で癌の検査をして結果的に癌でなかったとしても健康保健対象内です。ただ病院によって基準が少し違っていたり医師の判断もまちまちだったりで細かい基準が出来てはいないのが現状です。ほくろの形状が小さいなどのものならば、ほくろ除去用のクリームやジェルで治す事も可能です。しかし大きなものや形状からの判断で癌の可能性があるようならば病院での治療が良いです。美容目的でも大きかったり膨らんでいたりするほくろはクリームやジェルでは完璧には治せません。やはり美容整形外科を利用する方が良いです。治療方法によりメリットとデメリットがありますが医師が判断して一番良い方法でほくろを除去してもらえます。そして傷が残るだのトラブルもほとんど無いです。自分でクリームなどを使って治そうとするとまれに患部が赤いままになってしまったり、クリームが肌にあわず火傷跡が残ったりする場合があります。自分で出来る治療ではもぐさを使う方法もありますが、これもうまくいかないとクレーターのように跡が残ってしまう場合もあるのです。このように自分でやる治療はリスクがあるのでやはり美容整形外科を利用する方が良いです。安く済ませたいからと自分で治療を行い跡が残ってしまったのでは後悔してしまいます。